私は、地元のクリニックで看護位として働いている30代の女です。
青春時代は人並みに恋愛もしてきたし、結婚もそのうち自然とできるんじゃないかと高をくくっていました。

大学に進学してからも一応彼氏はできたものの、働き始めてからは彼と過ごす時間が合わせづらく、いつの間にか物理的にだけでなく心の距離も開いてしまったんです。
二人とも多忙な職場だったため、とても恋愛どころではなく、そのうち別れてしまいました。

それからというもの、私は仕事に追われるばかりで男性との縁はほとんどない毎日でした。
時間に余裕があって恋愛も自由だった学生時代と比べると、大人同士の付き合いってなんて難しいんだろうと、頭を抱えてしまいます。

とうとう、人を好きになる気持ちまで薄れてしまいそうになり、このままでは結婚からどんどん遠ざかってしまうと、焦りはじめました。
30代に差し掛かってから、その焦りは一層強くなります。

自分から出会いの場に参加したり、ムリにでも時間を作って男性とのお付き合いに割かないと、今の状態ではダメだと思いました。
行動と努力こそが結婚への近道だと悟った私は、さっそく今からでも何かできることは無いかと、一歩を踏み出し始めたのです。

婚活を始めた理由

私が婚活に向けて動き出した大きなきっかけは、職場の後輩がお先に良い人を見つけてゴールインしたからです。
私が結婚できないのは、仕事のせいばかりではないと、がつんと頭を殴られたようなショックを受けました。

今の時代は晩婚もそう珍しくはないし、30を過ぎてもまだ大丈夫かな、とのんびりしていた自分のお尻に火が付いたような感じです。
まだ20代の後輩は仕事の合間にちゃんと恋愛をしていたし、結婚に向けて着々と準備を進めていたというのに、年上の女として恥ずかしくなりました。

私が今まで余裕を持っていられたのは、独身の友人同士の集まりで、ぬるま湯に浸かっていたような感覚だったからです。
彼氏持ちの子ばっかりではないし、まだまだ自分も平均の範囲内だと安心していました。

ところが、冷静になって気が付くと、ただ余り者同士で集っていただけに過ぎず、私たちは井の中の蛙みたいなものだったんです。
もっと目を広げてみれば、私くらいの年齢ですでに結婚している女性は少なくないし、自分は取り残されていた側なんだと目を開かされました。
今はまだ遊び相手や仲間がいるし、仕事も充実しているから心に余裕があるけれど、将来を考えるととても不安になってきます。

初めにしたこと

今更努力を始めるには、この年では不利な点も多いし想像するだけでくじけそうになりましたが、迷ってはいられませんでした。
まずは出会いの場を作って、参加しなければ結婚は近づかないと考えて、合コンの話に積極的になりました。

でも、私の独身友達の人脈では限界があり、そもそもセッティングに協力してくれる男性の知り合いが身近ではないので、いきなり壁にぶつかったのです。
友達の友達という人脈を伝って、ようやく合コンに誘ってもらえるチャンスをつかみ取りましたが、それで安泰なわけではありません。

ファッションは気合を入れた格好で参加しましたが、どうも合コンや男女の集まりにそぐわない雰囲気で、その場から浮いてしまったのです。
どちらかというとキャリア系の女性に見えていたのか、男性からはあまり声をかけられませんでした。

いつの間にか女らしいファッションも忘れてしまっていた自分に改めてショックを受け、さっそく猛勉強を始めます。
若々しくてフェミニンなファッションを雑誌やネットで参考にして、合コン向きに変えられるよう試行錯誤の連続です。
しかし、その努力の甲斐なく、そもそも合コン自体滅多に誘われなかったので、別の手段を探すことにしたのです。

婚活サイトを活用

私が次に検討したのは、婚活サイトへの登録です。
そこまでするのは相当困っている人だけだというイメージがあり、まさか自分までそうなるとは考えてもみなかったのです。

どちらかといえば婚活サイトに対してよくない印象を持っていた私ですが、婚活サイトを使ったことがあるという友人の話を聞いているうちに考えが変わりました。
婚活サイトに集まっているのは、ちゃんとした人ばかりで、その友人も理想的な男性と知り合い、結婚できたらしいんです。

あまり良い出会いは無いかも、と乗り気ではなかった私にも、希望が見えてきました。
それに、これまで苦労して合コンに入れてもらうよりも、ずっと簡単そうな点に魅力を感じたんです。

私が選んだのは、友人が利用したというブライダルネットです。
自分で一から探すよりも、知り合いからの口コミのほうが安心できました。
合コンや友人知人での紹介ではなく、ネットでの出会いには不安が全くないこともありません。

婚活サイトを利用するにあたって、まず身元がちゃんとしているかというのは絶対は外せない条件でした。
その点で、ブライダルネットでは会員登録時に証明書で身元を確認しているそうなので、これでさらに安心できそうだと思ったのです。

理想の結婚相手

婚活サイトでの活動を始める前に、いったん理想の結婚の相手としてはどんな条件を優先したいかをよく考えてみました。
一生を共に生きる男性なので、信頼感と安心感があることが、まず第一の条件として浮かびました。

そう考えると、ルックスなどは大きな問題にならないかもしれません。
とはいっても、最低限の清潔感はあってほしいし、きちんとした格好の男性でないと安心はできません。

何も、ファッションにこだわりがある男性ではなくてもいいんです。少しセンスが無かったとしても、私が代わりに似合う服を勧めたりすれば、全然問題ない範囲ですね。

それよりも重要なのは、経済的に支えあえることです。今の仕事だと十分一人でもやっていけるくらいですが、子供を持ってからとなると話は違ってきます。

フルタイム勤務では子育ては困難だし、そのときはパートタイムに変えるほかはありません。
いっぽうで、収入が減るため経済的な面で不安が出てくるのです。

なので、経済面が安定している男性だと、心配なく子育てに専念できると考えました。もちろん、私も今のうちからしっかりと貯金をしておくつもりです。
子供ができてからは、主な収入の柱は夫になる可能性が大きいので、年収もある程度は欲しいです。

婚活サイトの選び方

ひとつの婚活サイトだけでいい出会いが見つかるとは限らないし、お金と時間の余裕次第で、複数のサイトの活用も検討しました。
料金の安さや会員数の多さはもちろんですが、加えて重視したのはイベントが活発であるかどうかです。

1対1でいきなりデートやお見合いをするのはかなり緊張してしまうので、どちらかといえば合コンやパーティー的な雰囲気が私には向いていました。
ネットでの活動やお見合いのセッティングに限らず、パーティーなどのイベントの開催が多いサイトを探しました。

ネットのプロフィールだけでは、会員数が多いとあまり目立たないですよね。
直接会って知り合う機会のほうが、お互いの雰囲気や魅力がダイレクトに伝わるし、結婚にも発展しやすいかなと思ったんです。

イベントでの出会いの機会を広げるには、地方在住の私にとって地元で会える人が少ないと意味がありません。
イベントに活況があって、地元でも参加できるパーティーが多いサイトといえば、ブライダルネットがその条件に当てはまっていました。

今まで参加したことのある合コンとは全然規模が違うし、パーティーの内容も豪華で参加するだけでも楽しそうです。
恋愛や婚活だと思って気がまえずに、肩の力を抜いて男性と自然に楽しく過ごせそうな雰囲気に惹かれました。

ブライダルネットについて

ブライダルネットに実際に登録してみての感想は、思ったよりサポートが心強い、ということでした。
ブライダルネットには、結婚の相手の選び方からお見合いのセッティングなど、色々相談やサポートをしてくれる「婚シェル」という存在がいます。

結婚相談所ほど手厚いわけではありませんが、自分から積極的に活動して婚シェルに遠慮なく協力を求めれば、それにきちんと応えてくれる感じです。
自主的に活動して、ときどきサポートが受けられるとありがたい、という人にぴったりだと思います。

私も、婚シェルに相談したのは2〜3回ほどで、後は慣れて勝手が分かってくるとスムーズに婚活ができました。
やることといえば、自分から興味のある男性に声をかけたり、他の会員からのメールで脈があれば、メッセージの交流で仲良くなるというのが基本です。

ネットで婚活するのは初めてだったので、うまくいかなかったらどうしようと心配でしたが、意外と簡単で楽しいものでした。
男性と対面するときになっても、婚シェルに服装や会話のアドバイスなどをしてもらえたので、自信を持って臨むことができました。
もしも自分だけだったら、男性にアピールできるポイントを外していて失敗だったと思います。

年上男性との初デート

私が婚活サイトで一番はじめにデートしたのは、年上の男性の方でした。
年上が特にタイプなわけではありませんでしたが、紳士的で安心できそうな人で、7歳差ならまあいいかなと思って、デートを受け入れたんです。

実際に対面して話してみると、やっぱりそのうちに違和感が生じ始めました。
結婚の相手としては落ち着けるかもしれないけど、年の差の感覚のギャップをところどころに感じてしまって、微妙に終わってしまったのです。

男性のほうでは、私のことを気に入ってくれた様子でしたが、同世代くらいでないとリラックスできないと思った私は、それ以降のデートの約束はしませんでした。
連絡をとらないせいで向こうは怒っているのではないかとひやひやしましたが、その後何のトラブルもなくてほっとしました。

相手も、婚活が長いとこういうパターンに慣れているのではないかと考えました。
お互いにほどよく距離感があるので、ネットでの婚活は気楽でいいですね。

また別の年上の男性からも声がかかりましたが、また同じパターンになってしまっては悪いと思い、メールの返信はできませんでした。
メッセージは最初から返事したくなければそのままでも特に問題は無いので、その点でも楽で良かったです。

婚活パーティーについて

ブライダルネットで開催されている婚活パーティーにも何度か顔を出しました。
やっぱり、最初から対面で知り合ったほうがどんな人なのか分かりやすいし、会ってからの失敗もないから安心です。

パーティーと言っても、お互いきちんと向かいかっての自己紹介から始まり、最初は緊張しました。
各自、自分のプロフィールが書かれたカードを用意し、決められた時間内で異性と会話をする形式です。

この形式に慣れれば、しだいにリラックスしながらお話ができるようになってきました。
そして、何度目かの婚活パーティーでついに、結婚を誓い合う運命的な男性との出会いを果たしたんです!

パーティーで知り合ってからは、会話のフィーリングがぴったりだったので、終わった後もしばらくメールのやり取りをしていました。
二人きりのデートも経験し、「次に会うのが楽しみ!」と自然に想える相手だったので、結婚を決意しました。

今思い返してみると、パーティー形式がやはり私には適していたようです。
婚活サイトごとに特色やサービス内容が違っているのですが、イベントが活発なブライダルネットを選んでよかったと思いました。
サイトの選び方も大事ですが、一番重要なのは自分の勇気と行動力ですね。

これから婚活しようと思っている貴女へ

30代を過ぎると出会いの場も限られていて、婚活サイトに参加しないままでは本当に生き遅れてしまっていたと思います。
身近な人脈も限られていて、合コンのお誘いもあまりされなくなってしまった私にとって、婚活サイトは渡りに船でした。

いくつになっても、ネットでなら出会いの選択肢に困りません。
同世代で婚活している人々のなかには、真剣に結婚を考えていて、なおかつ異性として魅力的な人も少なくないからです。

結婚できなかったのは、自分の年齢や女性的な魅力の欠如のせいなのではないかと自信を失っていた私にとって、大きな支えでした。
そんな私を好きだと言ってくれる男性が目の前に現れたのも、ネット婚活をスタートしたおかげです。

パーティーやデートなど、色々な経験や出会いも楽しめたし、気持ちが青春時代に戻ったような気持ちです。
色々な人と会って会話すること自体楽しかったので、挫けることなく婚活が続けられたんじゃないかと考えています。

少なくとも、婚活の思い出だけでも料金分の元はとれたし、私やその友人みたいに結婚のチャンスも活動した分だけ近づきます。
サイトに登録したら何もかもが保証されているわけではなくても、頑張りを結果に繋げる手段としてはこれ以上の婚活はないですね。